二次会でもらって嬉しい人気の景品

結婚式や同窓会といった様々なイベントの催しがありますが、その後にそのまま二次会へと流れて参加をされる方も多いです。そのような時には仕切り直してまたいろいろな企画を考えているでしょうが、お楽しみの一つとして、気の置けない仲間内での盛り上がるようなゲームをして、その結果に合わせて当選した景品を配る企画も多いです。その時にはせっかくのイベントでの思い出ですし、できればより多くの方に喜んでもらえるような、実用的な商品を用意しておきたいものです。そのためにもまず大切なこととしては、一次会ではどのような人々が集まる予定だったのかを、事前にリサーチして分析をしておくことが必要でしょう。年齢層はどうか、女性が多く集まるのか、男性なのか、ご家族づれが多いのか、お子さんの比率はどうか、会社関係などの限定された人なのかを把握することで、選ぶ品も大きく変わってきます。

二次会に参加する人々の属性を考慮して景品を選ぶ

このように二次会の景品を考える時には、前の会から参加者されている方々の属性を考慮して品物を選ぶことが大切です。一般的には男性の好む色と女性が好む色の違いもありますので、もしも景品を服飾などにする場合には、色や柄などにおいても男女差を考えて多少の注意が必要ということです。これは雑貨製品など多岐に渡っても、属性の違いによる色や柄の好みの傾向はあるでしょう。つまり、例えば二次会へと参加する属性で男性比率が多いのならば、男性向けの色柄物を多くしておくと適した商品を用意しておくことができるということです。同じく属性での違いでお子様比率が多いのであればお子様向けグッズ、ご年配の比率が多ければその年齢に合う商品を多く用意しておくことで、的外れな景品ばかりとはならずに、楽しいイベントが催せるでしょう。

二次会を盛り上げるためにも景品を工夫して選ぼう

二次会で貰って嬉しい実用的な景品と考えると、大人の場合ですと日常生活でいくつあっても困らないような物が浮かびます。しかもイベントでの行き帰りのことを考えると、あまり嵩張ったり重い物ではない品の方が喜ばれるでしょう。そして日用品で使う物の中でも少し高値だったり、お洒落だったり、流行を取り入れた物などだと喜ばれる率も上がって、それがイベントをさらに盛り上げてくれることでしょう。そのようにして、日常で実用的な景品がいくつか絞られてきたら、今度は先ほど指摘したそれぞれの属性に対してのことを考慮しながら、最終的な景品選びをされると良いでしょう。またお子様の比率が高いイベントでしたら、その時代に人気のある玩具類などをネットなどで調べるといくつか候補が上がってくると思いますし、実用性に重きをおくのでしたら学用品なども良いでしょう。