喜ばれる実用性のある二次会で景品の選び方

結婚式などの大きなイベントの後に行われる二次会ですが、メインの企画になってくるのは景品がもらえるゲーム大会です。クイズやビンゴといったゲームで会場は盛り上がりますし、素敵な景品を手に入れることができれば嬉しいものです。しかし、景品にも喜ばれるものと、少し困ってしまうものがあります。特に使い道が思い浮かばないインパクト重視の景品をもらってしまって、どうしようか悩まれた方もいるのではないでしょうか。実際に、実用品として役立つ景品の方が、小さくても結果的には喜ばれることもあります。また、実際に二次会を運営する幹事になった時に、どのような景品を選べばいいのか迷ってしまいます。今回は、そんな二次会の景品の選び方やゲストに喜んでもらえるおすすめの景品について紹介します。

上位でおすすめの二次会の景品の選び方

二次会の景品の中で、1等賞にあたるもので多いのがテーマパークのチケットです。特にペアチケットにするといいでしょう。二次会の会場のある場所から比較的近いテーマパークを選んだ方が実際に行きやすいですし、喜ばれます。また、テーマパークが近くにない場合は、行きたい宿を選ぶことのできる温泉旅行券もあります。季節的に寒い時期には嬉しい景品になるかもしれません。お渡しする際には、有効期限などよく確認しましょう。これら遠出を楽しむもの以外には、電化製品が一般的です。最近では、部屋の中を自動で掃除してくれるロボットクリーナーや、ホームベーカリー、空気清浄機などが挙げられます。参加者の家族構成の傾向などもふまえた上で検討してみるといいでしょう。また、電化製品は荷物の負担にもつながりますので、大きさには注意して下さい。

小さくても喜ばれる二次会の景品

少し小さい景品になってくると、お肉の詰め合わせセットや、ドライヤーといった小物家電がよく選ばれます。また、女性が多い二次会の場合は、ハンドクリームやボティケア用品といった自分ではなかなか買うことのない美容系の商品が喜ばれます。場所を取らないという点でいえば、映画観賞券や宝くじといったものを景品にしてもいいかもしれません。更に予算的に低価格なものだと、ビッグサイズのお菓子やスイーツなどは、見た目にも可愛くておすすめです。実用的なものでは、図書カードやクオカードなどを用意すると困ることはないでしょう。最終的に、自分がもらったら嬉しいと思うような二次会の品で、参加者に共感してもらえるものを予算別に考えるといいでしょう。見た目や内容とのバランスも考慮した上で探してみて下さい。