乾燥肌のスキンケア

乾燥肌の方は、皮脂の分泌が減少しているのです。皮脂は肌トラブルの要因になると思われていますが、役に立っている部分もあります。肌に適度なうるおいを与えることです。水分だけを補給しても、肌はすぐに乾燥してしまうのです。油分を与えることで、水分を逃がさずに抱えることができるわけです。化粧水・美容液を使用したあとは、クリームを使用するはずですが、このクリームは適度な油分を補給することが目的なのです。洗顔後は皮脂を落としすぎている状態ですから、クリームで補給する必要があるわけです。乾燥肌になると、肌がガサガサ状態になり、ダメージを受けやすくなります。若いときは弾力性のある肌でも、加齢によって状態が変化することは多いです。生活環境も関係してきます。紫外線を浴びやすい仕事は要注意です。屋外の仕事に従事している方は、屋内の仕事よりも紫外線を浴びやすいことを認識しておきましょう。普段から日焼け止めクリームを使用して、紫外線をカットすることです。栄養不足も乾燥肌を招くことがあります。特にビタミンAが不足するとリスクが増すので注意してください。ただい、ビタミンAは過剰摂取になりやすい栄養素でもあります。レバー類に多く含まれていますが、食べ過ぎると副作用が生じることがあります。βカロチンは、体内でビタミンAに変換される作用があり、過剰摂取による副作用も出にくいです。これは、水溶性の成分であるためです。ビタミンAは脂溶性の成分なので、体内に蓄積しやすいのです。

そのため、過剰症に陥りやすいわけです。βカロチンを補給するためには、ニンジンを筆頭とした野菜をたくさん食べることです。ニンジンだけ食べていると栄養バランスが乱れるので、さまざまな野菜を摂取することが大切です。1日350gを目安として摂取してみましょう。乾燥肌の方は、冬場のスキンケアは特に徹底して行う必要があります。冬場こそ肌が乾燥しやすいのです。暖房を効かせた室内は、湿度が低くて空気が乾燥しています。こうした環境で長時間過ごすと、皮膚にかゆみが生じることがあります。かゆくて爪を立ててかくと、粉が出てくることがあります。皮膚の乾燥は、加齢ととも表れてくるものです。これは老化現象であるため、完全に抑えることはできません。

しかし、スピードを遅らせることはできます。普段から保湿する習慣を身に付けておくことです。こうすることで、10年後の肌状態に確実に差が出てきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*