鼻の曲がりが気になる人まとめ

鼻の曲がりを改善してバランスのいい顔に

スキンケア・ニキビの予防と対策について。

スキンケアという言葉に、皆さんはどのようなイメージをお持ちですか?一口にスキンケアと言っても、年齢やお肌の質、あるいは体質により、その対処方法は実に様々です。そして、その対処方法を誤ると、スキンケアどころか逆にお肌のコンディションを大きく崩してしまう場合があるんですよ!今回は、老若男女を問わず後を絶たない悩みのタネである「ニキビ」についてのスキンケア方法をご紹介することにしましょう。まず始めに知っておいて頂きたいことがあります。それは、思春期に多く見られるニキビと、思春期を過ぎてから後にできたニキビとでは、スキンケアの方法が全く異なるという点です。


それではまず、思春期におけるニキビについての対処方法についてお話させて頂きますね。思春期のニキビの原因の多くは、「男性ホルモンの増加による脂肪の蓄積」です。男性ホルモンは男女問わず思春期には多く分泌されるものであり、特に皮脂を多く分泌するものとして知られていますね。この皮脂が毛穴に溜まり、これがいわゆる「白ニキビ」の原因となるわけです。これがさらに悪化すると、「赤ニキビ」となり、皮膚が炎症を起こした状態になります。それでは、それらの思春期のニキビの予防と対策方法にはどのようなものがあるのか、調べてみることにしましょうね。まず最も大切な予防・対策のスキンケア方法は、毛穴に留まった皮脂をいち早く除去するということでしょう。手っ取り早い方法としては、こまめに洗顔するということですね。皮脂は皮膚の表面に浮き出します。その浮き出した皮脂が毛穴から除去されずに放置されれば、当然毛穴は詰まり、さらに外部のほこりなどが付着すれば、最悪の場合皮膚は炎症を起こします。さらにファンデーションなどの化粧品を使用し、それを放置すれば皮脂を詰まらせる原因ともなりかねません。思春期のニキビには、こまめな洗顔で皮膚の清潔を保つことが一番の特効薬と言っても過言ではないでしょう。また、炎症が進んでしまった場合の素人判断は危険ですので、この場合には皮膚科での診察・治療をオススメします。では次に、いわゆる「大人のニキビ」に対する予防と対策についてのお話をさせて頂きましょう。「大人のニキビ」。これは思春期のニキビより厄介なんです。というのも、思春期のニキビのように原因を特定することが難しいからなんですね。まず、最も多い原因としては、皮膚の表面に長年に渡り溜まり続けた皮脂が角質層にまで浸透し、それがニキビとなって現れる場合でしょう。この場合にも洗顔が基本となり、皮膚の清潔を保つことが基本となりますが、思春期とは異なり、男性ホルモンの分泌が弱まっているため、過度な洗顔を行うとお肌がパサパサ・・・などという悲劇にも襲われかねません。そこで必要になってくるのはお肌への潤いの供給ですね。ここが肝心。お肌への潤いを供給するためには化粧水やクリームなどの化粧品によるスキンケアが必要となってきます。その際に考慮して頂きたいのは、「自分の肌質や体質に合った化粧品の使用」ということです。


例えば、アレルギーをお持ちの方がアレルギー由来の化粧品を使用してしまっては大変なことになるでしょう。また、普段から脂性の方が過度に油分をお肌に供給してしまっては、さらに症状を悪化させてしまうことも考えられます。ですので、普段からご自身のお肌のタイプを熟知しておく必要がありますね。最後にもう一つ。ニキビの原因は身体の内部にある場合もあるんです。例えば精神的なストレスや内臓疾患、長期に渡る便秘など。これらは目に見えて分かるものではありませんので、その原因を突き止めるためには専門医の診断が必要なってくる場合も多々あります。その場合には、速やかに医師の診断を受け、正しいスキンケア方法の指導を受けることが賢明であると言えるでしょう。